AS Compiler

   
■主な機能

HTMLにAppleScriptを組み込みます。
ドラッグ&ドロップされたAppleScriptをスクリプトオブジェクトに変換します。

TextからScript Object
テキストファイルをドロップするとコンパイルしてスクリプトオブジェクトに変換します。

ファイルの末尾に自動的に拡張子.scptが付きます。

Script Objectから Data Component Object
コンパイル済みスクリプトをドロップするとスクリプトを独自のバイナリ形式(
Data Component Object形式)に変換します。
ファイルの末尾に自動的に拡張子.dbnが付きます。

Data Component Objectから Script Object
ドロップされたData Component Object形式のファイルに保存されているスクリプトを通常のスクリプトファイルに戻します。
再編集可能な状態で保存されたスクリプトならスクリプト編集プログラムで再編集することができます。
ファイルの末尾に自動的に拡張子.scptが付きます。

ASC1


クリップボードのテキストの変換
クリップボード内のテキストをURL形式のアップルスクリプトに変換します。
変換後のURLはタグでHTML内に埋め込むことができます。
スクリプトを組み込んだHTML文書をブラウザで開いてリンクをクリックすると、あらかじめ指定したヘルパーアプリケーションでAppleScriptを実行させることができます。
ヘルパーアプリケーションとしてはAS RunnerとMac OS X 10.3のScript Editorが利用できますが、その両方に対応した形式のエンコードが可能です。
また,クリップボードの中身がURL形式のAppleScriptなら逆に通常のテキスト(Script Editorでコンパイル可能な形式)に戻します。

ASC2

ダウンロードは左のダウンロードのページから。