MPEG Exporter TNG


MPEG Exporter TNGはコマンドラインの知識を必要とせずffmpegやQuickTime、CoreMedia(macOSに内蔵されているエンジン)を使った動画形式の変換が簡単に使えるように支援するツールです。通常のターミナルからの利用では困難なドラッグ&ドロップによる一括大量ファイル処理を簡単に行えるようになります。

MET345

設定アシスタントで簡単設定


変換にはffmpegというUNIX由来のエンジンや,Mac OS X固有のQuickTime X,CoreMediaなど多彩な選択肢から選ぶことができ,これらを組み合わせて使用することも出来ます。例えば,映像部分は高画質なffmpegのx264ライブラリでエンコードし,音声部分は高音質なQuickTimeのAACエンコーダーを使用してiPhone用の720x480以上の高画質動画を作成することが可能です。初心者向けの簡単なアシスタント形式の設定画面からダイアログに答えていくだけで設定することができ,上級者向けにはffmpegやCoreMediaのコマンドラインレベルの設定の作り込みをすることも出来ます。
iPhone,Apple TVなどの新しい再生環境にも対応し,ビデオエンコーダーとしてトップクラスの変換速度,高画質,高圧縮率を実現しつつ,Macならではの簡単な操作性を提供しています。iTunesのファイル管理,iPhoneへの転送まで自動で行うことができます。
複数の変換エンジンを組み合わせて、そのいいとこ取りをすることもできます。例えば、映像トラックはx264、音声トラックはQuickTimeを用いることができます。

MET

iPod、iPhone、iPad、Apple TV対応


iPhoneなどの装置での再生に最適化された動画を出力する設定をプリセットとして持っています。
変換したファイルのiTunesへの自動登録などの連携が可能です。

QuickTime対応


MPEG-4や3GPPの出力についてはQuickTimeの機能を利用し、コンテナの再構築を行います。これにより、iPodや携帯電話などの各種の端末との互換性が高いファイルを作成することができます。
MPEG-4用のAAC音声について,ffmpegよりも高音質なQuickTimeのエンジンを利用することができます。その際に、QuickTimeが有料のPro版である必要はありません。
Lion以上のmacOSでは、CoreMediaの機能を用いることもできます。
High Sierra以上のmacOSでは、QuickTimeを用いたH.265のエンコードも可能です。

第三世代ネットワークインストーラ内蔵


このスクリプトはネットワークインストーラのエンジンを内蔵しており、毎週アップデートの有無をオンラインで確認します。新しいバージョンがリリースされると自動的にユーザーに通知され、そのままアップデートが可能です。いつでもパッケージを最新の状態に保って使い続けることができます。

動作条件


Mac OS X 10.4 Panther以上(El Capitan対応)
・ffmpeg実行バイナリ(PowerPC 32/64、Intel 32/64)

ダウンロード

QuickTimeを利用した同様のエンコーダーとしてQT MPEG4 Exporterを提供しています。QuickTimeを利用するのでMac OS 9でも動作し、対応するフォーマットなどが異なりますので、使い分けてください。
QT MPEG4 Exporter