アシスタント形式の簡単設定


変換する形式などについてのパラメータは対話型アシスタントスクリプトによって簡単に設定することができます。上級者はコマンドラインのレベルで自由にカスタマイズをすることができ、2 passエンコードやビットレート指定などの豊富なオプションを利用することもできます。

スクリーンショット

動画をウインドウにドラッグ&ドロップ

変換前に、変換する形式などについてのパラメータを設定することができます。初心者はダイアログの質問に答えていくだけで設定ができます。
変換したい動画ファイルをドラッグ&ドロップして変換の予約をします。複数のフォルダやファイルを一括して変換することもできます。変換開始ボタンを押すと連続してすべての変換をほぼ自動的にこなします。

スクリーンショット 1

iTunesに連携します


変換済みのファイルを自動的にiTunesに登録することができます。登録したファイルは再生時間の長さやファイル名からミュージックビデオ、ホームビデオ、テレビ番組、ラジオ番組などの属性を自動的に変更します。ファイル名に「第◯話」「 episode xx」などの文字列が含まれている動画ファイルはテレビ番組に分類します。出力先ファイルがiTunesのMediaフォルダと同じボリュームに存在し、iTunesにファイルがコピーされている場合、元ファイルを自動的に削除します。ファイル名の中の「ニコニコ動画」の文字列を削除します。
変換終了時にシステムを終了させたりiTunesとiOSデバイスをシンクロさせたりすることができます。

ffmpeg実行バイナリが必要です


MPEG Exporter TNGの実行エンジンとしてMac OS X用にコンパイルされたffmpegの実行バイナリが必要です。ライセンスの関係上、ここではffmpeg本体は配布できないため、各自で入手する必要があります。
ffmpegプロジェクト公式ページ
動画変換ツールであるffmpegは上記のサイトで入手が可能です。MPEG Exporter TNGのプリセットされた設定プロファイルはver.4に最適化されています。古いmacOS環境向けには、らけったさんの配布しているffmpegにも対応していたため、ffmpegのバージョンを自動判定して最適な設定を提供します(らけった: ffmpeg SVN-r8638u)。PowerPC、Intel 32ビット/64ビットのいずれもOSが対応していれば動作可能です。
上記いずれかのサイトで
ffmpegをダウンロードした後,MPEG Exporter TNGを実行すると,「ffmpegはどこですか?」と聞かれるので,表示されるファイル選択ダイアログでダウンロードしたffmpegを選択してください。
その他,ffmpegを自分でコンパイルしたり,ffmpegを利用しているアプリケーションのパッケージを指定することが可能です。MPEG Exporter TNGのファイルメニューで「ffmpegを切り替える...」を選択することで,変換に使用するffmpegを明示的に指定することができます。

スクリーンショット 2012-02-26 4.25.07 PM